Appleのワイヤレスイヤホン・AirPodsを手に入れたら便利すぎて、「外出時の必須アイテム一軍」になった。

とうとう、耳から「うどん」が垂れてるあのAppleのワイヤレスイヤホン・AirPodsを手に入れたぞよ!

普段使っているappleの純正イヤホンは洗濯機の中で逝去しましたので、
今更感が半端ないけど、AirPodsを手に入れました。

いやもうね、AirPodsめちゃくちゃ便利。
めちゃんこ便利だという噂をよく聞いてたけど、本当便利。
なんでもっと早く買わなかったの?ってなる。

ジム通ってますとか、毎日歩いてますなど、ウォーキングやランニングする人は必須アイテム。
ちなみに僕はチャリンコ通勤してるので、ウルトラ重宝しています。

こんなパッケージに入ってます。
相変わらずのapple製品、エロかっこいい。


すごく小さいです。目薬くらい?


つけてみるとこんな感じ。耳からうどん出た!


Blue toothで接続します。接続方法も恐ろしく簡単。

AirPodsのいいところ

・いわゆる左右独立型。
ワイヤレスでケーブルが無いのはマジで楽。心地いい。
無駄にそのままベットでゴロゴロしたりそのままトイレ行ったりしてしまう。うひょ。便利。


・ケースにしまうだけで充電されるのが楽。
日用品とか目薬となんら変わらない。ただケースにしまうだけ。うひょ。便利。


・設定が簡単。
初期設定はもちろんん接続して、設定しなきゃいけないけど、それ以降はイヤホンを耳に着けたらiPhoneに触れることなく勝手にペアリングされる。うひょ。便利。


コードゴチャゴチャ問題がない
・コードがゴチャゴチャ絡まって、それを丹念にほどくあの往年のストレス行為がなくなりました。ありがとうございます。
 


自動停止機能
・イヤホンを外したら勝手に音楽が停止される。なんなら設定したら、片方のイヤホンをポンポンってするだけで、音楽が停止される。うひょ。


モノラル。ステレオ切り替え
・片耳だけ着けるとモノラルに、両方着けるとステレオに自動的になる。これはすごい。


・もちろんマイク付き。
つけたまま通話できるぞ。うひょひょ。便利
どうやって電話に出るのかは下記に表記しておきます。


・落ちそうなくせに全然落ちない。
聖飢魔IIとかSex Machingunsとかを聴いてて、思いっきり∞の字の動きでヘッドバンキングしても落ちなかった。うっひょー。便利


・音漏れがマジでない。
これはすばらしい。自習室とか図書館でもつけてて大丈夫。

AirPodsのデメリット

そりゃデメリットもある。

・ケースそのものも持ち歩かなくてはならない。
ポッケに入れてるだろうけど、なくしそうになる。しかもこれはこれでプチ邪魔。
なので僕はいつも使っているリュックの脇のポッケにほりこんでいます。


・なんかダサい。
有名な耳からうどんのイヤホン。最初は一瞬抵抗がある。でももうみんなつけてるし、当たり前の光景になってきたので気にしなくなった。


・音質がほんの少し微妙
僕らのようなレコーディングするミュージシャンからしたら、やはりヘッドホンのあの音の厚みには届かない。でも普段使う分に関しては低音もバランスよく出てい のでモウマンタイ。


・高い
値段がなんとも絶妙で、2万前後。イヤホンでに2万円弱。イヤホンに。。。。。
 


・音量はSiriか本体で変更する
手元でひょいと変えたいところだが、これは流石に本体触るか、Siriさんにお願いしないと変わらない。
毎回Siriさんに、「音上げて。音下げて。音上げないで、曲変えて。」とお願いするのはめんどくさい。電車の中とかだったら恥ずい。


・なくす
イヤホンじゃなくて、本体を。充電する本体そのもの小さい。しかもツルッツルなので、すぐなくしそう。本体ごとなくしそう。
専用のケースがあるのでこちらも考慮されるといいかも。
 

おすすめ設定

まず手に入れたらば、設定を変えてくださいまし。
シンプルさを追求しているイヤホンですから、操作性が落ちるのはしゃーないとして、ちゃんと設定できるようになっていうのがAppleのステキングなところなのであります。

初期設定はSiriさん

AirPodsの設定を一切触っていないと,ダブルタップするとSiriが起動するようになっています。
毎回Siriさんに、「音量変えて」だの「曲止めて」だのお願いするのはめんどくさいし、人前だと恥ずいです。
電車の中でいきなり「音量下げて!」っていうと、目の前にいるおじさんが、「え?俺?ごめんって!」って顔されるのは目に見えています。

ダブルタップの設定を左右で個別に設定

AirPodsはiOS11からダブルタップの設定を左右で個別に設定できるようになりました。

こちらの4つの項目から好きなのを設定できます。

Siri
再生/停止
次のトラックへ
前のトラックへ

この4つですが、ちなみに僕は,右に「再生/停止」左は「次のトラックへ」、に設定しています。
これがめちゃくちゃ便利です。

装着したまま電話に出れる

意外と知らない人も多いかも。AirPodsをつけているときに電話がかかってきた場合、左右どちらかをポンポンっと、ダブルタップすることで電話に出ることができます。もちろんLINEでもViberでもなんでもOK。
で、電話を切る時もダブルタップすれば切ることができます。
電話機触らずに電話に出れた!未来だな。

謎のボタン


ケースの裏にボタンがついてる。なんだこりゃ、bluetoothの接続ボタンか?
とも思ったけど大間違い。
セットアップボタンでした。セットアップの時しか使いませんので,一度設定してからは使いません。
二度と押さなくていいですよw

片方だけでも使いたい

全員思ったはず。片方外したら曲が止まるってのは、わかったけど、片方だけでも使いたいんだけど。と。
これも設定を変えると可能です。
上と同じように設定画面をひらいて自動耳検出をオフにしてみてください。
これを行うと,片方のみでもiPhoneと接続することができます。
もちろん僕もオフにしています。一回やってみよう。

まとめ

レビューとしての評価はもう最高です。
ワイヤレスであることのもっとも大きな収穫は「断線しなくなった」という点です。
今までのイヤホンってね、断線したら買い換え、断線したら買い換え、の無限ループでしたが、ついに終止符が打たれたよね。20年かかったよね。
これで心も体も伸び伸びとなるのです!ならないけど。

ワイヤレスデビューしていない人は一度使ってみてください。マジでいい感じですよ。

スポンサーリンク
ペログレクタングル (大)