(カメラ)「三分割法」という技を習得することは、悟空が「かめはめ波」を習得することくらい大切

こんにちわ。実は趣味はカメラのカメラ小僧。ペロです。

今の時代、スマホはカメラすごい

最近のスマホは進化がすごいよね。何がすごいって、カメラがすごい。
iphoneもXが発売されて、スマホのカメラ革命って言われてるんだって。
僕は持ってないから知らんけどw

なんとiphoneにもついにワイドアパーチャ効果みたいなんが追加され、背景ボケを超自然にかけることができるようになったし、画素数もひと昔に比べると仮想通貨ですかってくらい爆上がりしたそうです。

このiphoneXやXsを皮切りに、カメラでバシバシインスタ映えレベルをあげようとしている人が増えているのでありんす。

最近調子乗ってカメラの勉強をちょいとしている僕

実は僕は最近調子のってカメラの勉強しているのですが、どこいっても必ず聞く「三分割法」という一子相伝の技を今回皆さんに伝授しようと思います。まあ備忘録みたいなもんなんだけど。

もうね、カメラマンはみんな言う。
これ大事ってみんな言うよね。
だから大事なんでしょう。
だってみんな言うからw

(みんなに教えている時点で一子相伝じゃねえ)

三分割法

概要は超簡単に言うと、
「なんも考えずに真正面から撮ってもつまらん。
でもちょっとずらして撮るとあら不思議。なんかいけてる写真になってるやん。」

ってことです。

そこでポイントになるのがそのちょっとズラすっていう所。

三分割法 | 具体的には?

三分割法とは画面を縦と横に3分割し、その交差する点に被写体を載せるっていう意味です。

つまり被写体をここら辺に乗せて撮る。これはポイント!
ファインダーから見えている世界を縦横3分割してみよう。

実際に三分割法を意識して写真を撮ってみる。

こんな感じです。どう?
なんか世界が広がるでしょ。奥行きがでるっていうか、臨場感が出るっていうか。エモいっしょ。
ちなみにこの中のどれかは無料素材です。どれかわかるかな?わかるな。一つだけクオリティ高いw

丸以外にはマスに当てはめる方法

例えば僕は縦の写真を撮るときによくやるのはこの方法。
三分割法は上記の通り赤丸の中に被写体を入れるんだけど、その他にマスの中に被写体を当てはめる方法もおすすめ。

被写体を画面の9分の1にしてしまう、もしくは被写体の一番ポイントとなる部分を画面の9分の1にしてしまうという技。

こんな感じ。


こういう風にタップリ余白を取ると、文字とかも入れてオシャンティーにできちゃうわけです。

ポスターにも使えるぞよ。
こんな構図を意識して写真撮ってみてね。

僕のメインカメラ

OLYMPUS PEN mini E-PM1。
こちらもチェックしてみてねん。

まとめ

僕は仕事柄カメラマンと関わることが多いんですが、知れば知るほどカメラってほんと奥深くて、
「カメラマンってこんなこと考えながら撮ってるの!?」ってことが超たくさんあります。
今回みたいなカメラの勉強の備忘録みたいな記事をまたバンバン書いていきます。

みんなでカメラ上手くなろう!

スポンサーリンク
ペログレクタングル (大)