(台湾)本場、鼎泰豊(ディンタイフォン)美味しく小籠包を食べるための醤油と酢の黄金比

僕は台湾が好きだ。でもまだ人生で3回ほどしかいけていない。もっといかなくては!
台湾の魅力の一つと言ったら、何と言ってもおいしい料理っしょ。

みんな大好き鼎泰豊(ディンタイフォン)

小籠包といえばここ。みんな鼎泰豊好きでしょ?美味しいんですよね。ここの小籠包。
僕は小籠包が好きすぎて、台湾にいるときは毎日必ず小籠包を食べると決めています。
朝起きてホテルで小籠包。昼ごはんにも地元の店の小籠包、15時にも食べ歩きのShow Ron Pou!
もうフリスクみたいな感覚で食べてるわ!w

そして台北の念願の鼎泰豊(ディンタイフォン)本店へ!

タイでもシンガポールでも大阪でもディンタイフォンに行ったけど、実は本店はここ台湾にあるのです。

台北101、地下1Fへ


この入り口を見ただけでヨダレが!!
さすが鼎泰豊。どの国でも例外なく、まあ並ぶ。次郎系ラーメンか、ディズニーランドですかってくらいならぶ。50分くらいたってやっと店内へ。

こちらこの店のキャラクターです!かわいいのやら、かわいくないのやら。

入り口すぐのところには職人さんたちがせっせと小籠包を作っております!
さあ、食べるぞー!

早速出ました!しょう・ろん・ポー!!うまそー!

醤油と酢をベストな割合

いざ食べようかと思ったら。イケメンのおにーさんが、醤油と酢をベストな割合に入れてくれました。

割合は「醤油3 : 酢7」らしい!

間違えないように。酢が「7」である。
まじか。逆にしてた。醤油を7にしてたぜ。お兄さんありがとう。

その他小籠包以外にも、もちろん美味しいメニューがありまっせ。


エビシュウマイ


パイコーがのったチャーハン


そして変わった小籠包にも挑戦してみました。なんと海老とヘチマ入り。
これは何も付けずに食べるらしい。プリプリで海老もイイネ!

しかし、ホントに肉汁すごい!
職人技だな。

お店情報

台北101の地下1Fです。
平日の11時くらいはほとんど並ばずに入れるそうです。この時間が狙い目だよ!

住所:台北市市府路45號B1
予算は2000円くらいだよ。

★★★☆☆3.58 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

まとめ

台湾で鼎泰豊に何度も行くのは愚か者だと思っていました。それって中国に旅行に行って王将で食べるみたいなもんでしょ。と。

基本的には、台湾の下町のには本場の小籠包のお店がたくさんたくさんあります。
地元ならではの小籠包もぜひご賞味願いたい。
と、言いたいところだけど、この台北の鼎泰豊は本店。やはり他国の店舗とはワケが違う。
ううむ。納得せざるを得ない。うまいなこの鼎泰豊!

また行こっと!