(沖縄)最高のリゾートホテル、アクアチッタ那覇に宿泊したら最高すぎて自分が王様になったのかと思った。

昔おばあちゃんが贅沢はだと言っていたような気がするけど
今回は久々の沖縄ライブということで、今回はかなり贅沢なホテルに宿泊してきました。
その、、、じゃなくて沖縄でお勧めのホテルの名はこちら
「ホテルアクアチッタナハby WBF」。


2017年に満を持してオープンした超最新型でロケーション抜群のリゾートホテル、アクアチッタナハ。

ゆいレール美栄橋駅から徒歩約10分くらい。国際通りまで徒歩約15分くらい。お肉の88まで徒歩約10分くらい。という最強の立地でリッチなホテルなのでありやんす。

有名なのはシースループール。屋上がプール!そう、外から丸見えのアレです。
DJイベントとかやってるし、ライトアップもされるしリゾート感がすごいです。

今回新しくデジタル一眼レフカメラを手に入れたので、それで撮ってきたよ!
Canon EOS 80D。綺麗っす。

1F チェックインカウンター


ホテルアクアチッタナハチェックイン。
もうね、チェックインの時点でおしゃれ。
チェックインカウンターの後ろにはモニター4つが並んでホテルの紹介PVが流れてます。
チェックイン時に「ロシェ」のチョコレートもらいました。え?いいの?このチョコ高いよ!w
(ちなみに9階の「クラブフロア」というワンランク高い部屋に泊まる人はもらえるそうです。みんな9Fに泊まろう!)

1F 食事フロア


果てしなく向こうまで伸びた食事フロア。
24時間無料のコーヒーサーバーと、ホテルオリジナルのデトックスウォーターが用意してあります。
うおー!飲み放題だ!
とりあえずホテルに帰ってきたらここでホッと一息するのが日課になりました。そしてコーヒーをがぶ飲みしすぎて胃が荒れる僕。


エレベーター付近の壁。オシャレです。


エレベーター付近のソファ。オシャンです。ここで友達と待ち合わせだな。


エレベーター付近の壁。やはりオシャンティ。

9F 宿泊フロア

アクアチッタナハの客室は全部で231室。
リーズナブルなスタンダードルームから、ラグジュアリーなエグゼクティブルームまで、8種類のお部屋を完備してあります。

宿泊の際、9F以上なら部屋も豪華になり、ラウンジも使いたい放題となります。
ぜひ、9F以上に止まりましょう。


うお!ここが!部屋!ひ、広い!

ベッドのサイズは110cm×195cm、ゆったりとでかい。安ホテルにあるような人間ドックの検査ですか?みたいなパジャマではなく、上下に分かれたフカフカのパジャマが用意してありました。
やたらどデカイソファも全客室にあり、ここに寝ることも可能。
枕元に枕が3つ以上ありました。ソファで寝る用かな?

最新設備が半端ない

★アメニティはもちろん、冷蔵庫、コップ、お水、湯沸かし器、歯ブラシ、化粧水など、必要なものは一通りそろっています。そっち関係は手ぶらでおk。
★消臭スプレー。お肉の88(ハチハチ)帰りには重宝します。
★Handyの導入。最近ホテルに導入され始めましたよね。Handy。ホテル専用のスマホです。これでネットも地域情報もフロントへの連絡も全て行えます。
ホテルの外へも持ち出し可能。

水廻り。

そして僕はいつも宿泊先で厳しくこだわるポイントがある。水廻りだ。
こちら。

ユニットバス。ピッカピカ!キラりんちょ。
全客室ウォシュレット付きトイレになっています。おそらく外国人はこのトイレの綺麗さに狂喜乱舞することでしょう。

そして9Fにあるラウンジへ


くつろぐ僕。

アクアチッタの9階は「クラブフロア」と呼ばれる階で、簡単にいうと
「高い代わりに24時間サービスのラウンジが使いたい放題。」で、「部屋もエグゼクティブツイン」というカンタンニハ、ハイレナーイ場所でござる。
飛行機でいうとビジネスクラスみたいなもん。
もちろんクラブフロアに宿泊した人のみ使うことができる場所で、ほかの階の人は使っちゃ駄目。(他の階の人は追加料金で使用可能だそうです。)

24時間営業で、
ソフトドリンクはもちろん、アルコールも飲み放題。
しかも泡盛がズラーっと並んでおり、種類多すぎて訳わかりません!w
ビールにワインシャンパンなど。アホほどアルコールが並んでいました。


それをこの景色と、琉球グラスで楽しんでくれ。と。贅沢だぜ!

ラウンジの特権をまとめると
・24時間サービスのラウンジが使いたい放題
・「ロシェ」のチョコレートもらえる
・ダブルベッドルーム
・混雑時は優先的に朝食の席に案内してもらえる


なんなんだこの勝ち組気分は。
僕はアラブの石油王ですか。
それともyoutuberヒカルですか。

絶対9Fに泊まった方がいい。

10F シースループール

はい、お待たせしました。
10階シースループールだぞ!

まずは10F屋上へ!
こっから入ります。

ぬおっ!いきなりBarがある!雰囲気抜群。

営業は夜18時から25時まで。ステーキをメインにお酒と相性の良いメニューがいっぱい。
常時150種類以上ものドリンクメニューが並びます。
絶対そんなに飲めないけど、お酒片手にプールサイドってめちゃ優雅やん!


しかもテラス席を含めた座席は全部で106席。広っ。絶対座れる。

これがシースループールだ

oh yes this is シースループール!
なぜ二回言ったのかいいとして、とにかくおしゃれ!夜でも思いっきり泳ぐと本当に気持ちいいです。
プールサイド脇にはジャグジーも完備。
大人4人は優に入れそうなビッグサイズです。

ちなみに僕が泊まったのは12月頭だ。沖縄とはいえTHE・真冬なわけです。
そんな12月のTHE・真冬の真夜中にプール。

はっきり言って極寒水泳である。

12月でも短パンとサンダルの沖縄だが、このプールに飛び込んだ瞬間だけは一気にクリスマスを感じさせられます。

しかも頭おかしい東洋人のおっさんたち(僕たち)がヒャアアああっほーい!!と奇声をあげながら飛び込む姿。
まさに地獄絵図である。

それでもこの極寒地獄の中、優雅に泳ぐ僕のツレ。
彼は超人ハルクなのかもしれない。

そんな彼を横目に本気で全身ガクブルしながらジャグジーへ逃げ込む僕。

心臓の弱い人はプールサイド脇のジャグジーをお勧めする。こちらは温水。

朝食は海の幸祭り

ホテル滞在で楽しのひとつが朝食。

ここの朝食がまたすごい。豊富なイタリアンメニューが勢揃い。
しかもここは海鮮レストランですか?ってくらい豪華な海の幸食べ放題!
アクアチッタナハでは「地中海の朝市」をテーマにした本格的なイタリアンビュッフェが楽しめます。

それではその全容をご紹介しよう。

見てこれ。

まずはドリンク。
ホテルアクアチッタナハ沖縄らしいシークワサージュ―スやさんぴん茶、デトックスウォーター!

寝起きには最高のコーンスープ。具が多い!

イタリアン菜園!サラダの種類はすごいぞ!

キャビア・イクラ・うに・甘エビ・ 後なんかたかそうなやつ!

うにをズッキーニに乗せたった!

生ハムパラダイス!

ここ、これは米が欲しい!海鮮3兄弟!

ワインの数々!

デザートがすごい。

デザートがマジすごい。

It’s my オリジナル海鮮生ハムサラダ。概算1400円

パスタも3種の麺と3種のソースを選べて作ってくれます。僕はペンネでカルボナーラ!

そして好きなチーズを好きなだけ。ブルーチーズもりもりかけまくる中国人。怖いよ。。

パンの数々!

フルーツ王国!沖縄!

無理難題から強引なフリ落ちまで超柔軟に対応してくれるスタッフのおねーさん。

7時から11時まで営業しています。10時とかまで寝られるぞ!

ホテル情報

住所 〒900-0016 沖縄県那覇市前島3丁目2番20号
TEL 098-866-5000
チェックイン・アウト チェックイン 15:00 チェックアウト11:00
公式HP https://www.hotelwbf.com/aquacitta-naha/
駐車場 ホテル駐車場60台 ご宿泊のお客様1,500円/1泊

今はJALでも安く行けるようですね。気になる方はこちらをクリック。


まとめ

せっかく南の島に来たんならリゾート気分を味わいたいものです。
でも都会の真ん中でリゾートってなかなかないし、あっても立地が悪いのが多いです。

このアクアチッタなら全て満足いくし、歩いて出かけるのも簡単です。

フロントで配送用のダンボールもくれるし、なんなら配送してくれるし、スマホの充電器や傘も借りれるし、基本的に全部あります。

こんなナイスなホテルを知っていまい、またもや内地に帰りたくないと思ってしまった僕なのでした。

スポンサーリンク
ペログレクタングル (大)